ホーム »目尻のしわ»乾燥が一番の大敵

目尻のシワは紫外線対策不足も原因?

目尻のシワは笑ったときにできるようになります。

細かいちりめんジワのようなシワなら、乾燥が原因となっていることもあるので、アイクリームや保湿の徹底ですぐに改善がみられることがあります。

ただし、くっきりと痕が残ってしまうようになったら要注意。
肌弾力の低下、肌の厚みの低下が懸念されます。

冬になると目立つ目尻のシワですが、オールシーズン、常日頃の保湿ケアはしておいて損はないです。

また目尻はサングラスでカバーできない場所でもあり、うっかり日焼けをしてしまいやすい部位です。

目尻は皮膚の伸縮も多い場所で夏は汗でUVクリームも流れてしまいがち。 目尻も皮膚が薄いので、UVケアが必須なのは当然で、念入りな保湿ケアをすべきか所

目の周りでは唯一ボトックスが打てるカ所でもありますが、打ち方によっては表情が不自然に見えてしまう場所でもあります。

笑ったときの目尻のシワは若いうちはかわいく見えても、それが細かくたくさんに、そして深く、数も多くなってきてしまうと年齢を感じてしまいます

目尻のシワはちりめんジワのうちに何とかしたいもの。

目の下が難しい美容医療での治療も、目尻付近なら対応している機械も多いです。

細かいシワで何とかできるものは、美容皮膚科や美容医療に頼ってもよさそう。

まずはとにかく乾燥しないような保湿ケアと予防のUVケアは徹底して、そして様子を見て改善しなかった場合は、美容医療に頼ってしまった方がいいと思います。

エステではどうにもならないレベルのシワもクリニックでは何とかなる場合もあります。

最終的には目の周り、くま全体をカバーできる再生医療がベストなんじゃないか?とも思います。

オバジニューダームシステムもつるりんたまご肌にしてくれるので改善の期待は大。
ちりめんジワにはピーリングも効果的。

アイケア、目元のくま、シワ、たるみ、リラックスにおすすめのアイテム一覧